忍者ブログ
まずは カテゴリーの「初めにお読みください」を呼んでくださいねッ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
里月
年齢:
23
性別:
女性
誕生日:
1995/04/10
職業:
中1です!!
趣味:
いろいろありまっす!
自己紹介:
どうぞ仲良くなってくださいね^^
たいやきさん
最新トラックバック
最新コメント
[08/13 Sereblerb]
[01/31 ありす]
[01/09 雨宮玲音]
[01/03 ありす]
[01/03 Klug]
最古記事
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

With the letter and the criminal



-手紙と犯人と-




第六話 キョウキ




メインルームに移動した一同の間には、なんとも言えない無言の空気が漂っていた。

どうして、どうしてとつぶやく人もあれば、ガタガタと震える人もあった。


その沈黙を破ったのは、ドンという 大きな音だった。

全員が震え、音のする方―窓の外―を見ると、そこには。


「―ッ!! 翔子さん!!」

里那が声を上げる。

そこには、雨に濡れた翔子が 窓に倒れ掛かっていた。



やっとの思いで、翔子を部屋の中に入れると、

翔子が何かをつぶやいているのが聞こえた。

「血・・・・・が・・・・ で・・・せ・・つ・・・
 きょ・・・・さ・・ん・・・が・・・」

余りに小さすぎた為、全てを聞きとることが出来なかったが、

何を言っているかが分ったような美貴は、 叫んだ。

「響子さんが!!!
 何、それっ! 響子さんが何!? 伝説!?
 ―――もしかして・・・ッ!」

何かを思いついたように、美貴は顔を変えた。

まさに、鬼とでも言えただろう。

そんな、そんな、 怖い、顔に。


一体何を、と三咲が聞こうとしたが、その前に美貴が声を張り上げた。

普段の美貴を見ていると、想像も出来ないような 甲高い、キィキィというような声。

「あいつが!!!
 響子が! 伝説を本物にしようとしてんの!!!
 そうよ、そうに決まっている!!
 自分のネタのために、私達を巻き込むつもりなんだ! 
 あああああなんてこと!! 響子を探して問い詰めなきゃッ!!
 何処!? 響子は何処!? 出て来なさい!
 後でのこのこ出てきたら、私があんたの頭をかちわって殺してやるぅうううう!!!」


完全にパニック状態になった美貴は、次々と回りにある壷や、カップなどを割っていく。

残された人はその様子を、ただ、黙って見る事しか出来なかった。









しばらくして、落ち着いたのか 美貴がゼェゼェと息つぎをしながら振り向く。

その顔は、今まで暴れていたとは思えないほど 真面目な顔だった。

その顔に、ビクッとしたが 里那がたずねる。

「どうしたの・・・?」

声が震えてる事に気づいたのか、架奈子が入ってきた。

「何か、気づいた事でもあるんですか?」

2人の質問に、美貴が笑って答える。

「うん、ちょっとね。 あはは、ごめんごめん☆
 怖がらせちゃったねー もーだいじょーぶっ」

と、いつものような感じに、全員がほっとした。

しかし―


「ねぇ・・・・ 悪いんだけどさ
 誰か一人、外の様子を見てきてくれないかなぁ・・・?」


という美貴のお願いには、さっきのような狂気が混じっていた。
PR
Comment
name
title
color
e-mail
URL
comment
pass
Trackback
Trackback URL:
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68]
忍者ブログ [PR]